トップ > 雑誌 > 「資産承継」(2020 4月号 No.11)

「資産承継」(2020 4月号 No.11)

税込価格: 1,500 円 (本体価格: 1,364 円)

(株)野村資産承継研究所 監修

ページ数 / 判型: 136ページ / B5判

2020年4月20日刊
 

※No:11より、隔月刊(2,4,6,8,10,12月)となり、本体価格 1,364円(税込定価 1,500円)に定価改定いたしました。

商品コード : 77011
製造元 : (株)野村資産承継研究所 監修
本体価格 : 1,364
価格 : 1,500円(税込)
送料無料で発送いたします
数量
 

送料無料で発送いたします

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト

電子書籍版を購入

年間購読のお申し込み

本誌は、資産承継や事業承継をテーマとして、株式会社 野村資産承継研究所が監修した定期刊行物です。経営、税務、法務、金融資産・不動産マネジメント等の幅広い分野について、野村グループがもつ最新のノウハウやタイムリーな情報を余すことなく掲載して発信することを目的としており、税理士・会計士・弁護士等、専門家...

本誌は、資産承継や事業承継をテーマとして、株式会社 野村資産承継研究所が監修した定期刊行物です。経営、税務、法務、金融資産・不動産マネジメント等の幅広い分野について、野村グループがもつ最新のノウハウやタイムリーな情報を余すことなく掲載して発信することを目的としており、税理士・会計士・弁護士等、専門家の方はもちろん、承継問題に関心を持つ企業オーナーや資産家を対象とした総合専門誌です。

主要目次

<巻頭言> 

電子経済への新ルール―誰が勝者か―
 

◆特集 令和2年度税制改正注目論点詳解!

・令和2年度税制改正―テクノロジー支援対策と国際税務関係について―
・エンジェル税制の拡充
・令和2年度税制改正にみる節税・税逃れ等の封じ策
 

◆資産承継の視座

・歴史にみる事業承継〔第十一回〕―斎藤道三と義龍―
・資産・事業承継における登記等実務の留意点―第1回 種類株式と属人的定め―
 

◆資産・事業承継を巡る最近の動向

・種類株式の事例研究ァ粛ダ莖式と劣後株式―
・資産税関係の判決・裁決の最近の動向
・「電話相談室」から
・株式納税猶予制度活用事例解説(第1回)
 

◆論 説

・新しいかたちの相続 家族信託実務基礎編(その10)―信託財産の独立性と倒産隔離機能―
・国際税務の基礎その6―国境を越える個人の事業目的での法人出資と税務―
・〔第11回〕財産(資産)評価の実務研究

税込価格: 1,500 円 (本体価格: 1,364 円)

(株)野村資産承継研究所 監修

ページ数 / 判型: 136ページ / A5判

2020年4月20日刊

ページトップへ